トップ / ふくらはぎを細くする歩き方

ポイントはモデル歩き

お金をかけずにふくらはぎを細くする方法の一つに、歩き方を改善する方法があります。普段、歩き方に気を使っていない人は、歩き方を変えるだけで、ふくらはぎの部分痩せを可能にできてしまいます。

ふくらはぎを細くする歩き方には、いくつかのポイントがあります。まずは、歩き方そのもの。テレビに出てくるようなモデルウォークを心がけましょう。

ふくらはぎは、筋肉太りがしやすい箇所だともいえます。ふくらはぎに負担をかけるような歩き方をしていると、その部分の筋肉が発達してしまって、どんどんとふくらはぎが太くなってしまいます。

・筋肉に負担をかけないようにする
そこで、心がけてほしい歩き方をご説明します。基本的には、ひざを伸ばしておいて、かかとから着地をするようにします。通常の歩き方は、膝を曲げて足をおろしているのではないでしょうか。

これではふくらはぎの筋肉に負担がかかって太くなっていく一方です。これからは膝を伸ばして着地してみてください。

さらに、歩く時も、脚でちょこちょこと小さい動作で歩くのではなく、股関節から足を大きく動かすようにしてみてください。そうすることで、足全体の筋肉が引き締まって、細くなりますよ。

また、歩幅に関してもできる限り大股歩きにしてみましょう。足を大きく広げることで、太もも部分の筋肉がほどよく刺激されます。太もも部分の筋肉はふくらはぎとつながっていることから、ふくらはぎの筋肉も程よく刺激されてしなやかな足になっていきます。

・ヒールは5~7センチに
女性のオシャレは足元からですよね。そこで、ヒールを普段から愛用している方も多いのではないでしょうか。ヒール靴を選ぶときには、出来ることなら5~7センチくらいのものを選ぶと良いですよ。

それくらいのヒールだと、ほどよい傾斜ができて、歩く時に適度な負荷をふくらはぎの筋肉にかけることができます。見た目もすらっと細く見えて、一石二鳥です。

© Copyright キャビテーションで脚やせ. All rights reserved.